« 放射線の易しい説明(その2) | トップページ | 放射線の易しい説明(その4) »

2011年3月28日 (月)

放射線の易しい説明(その3)

(友人に宛てて軽い気持ちで書いてみたものです。)


最近のテレビのニュース番組を見てると、
ベクレルとか、シーベルトとか、
聞き慣れない用語ばかりで不安になるよね。

ひょっとしてテレビ局は、
観てる人たちを怖がらせようと企んでるんじゃないかと
疑いたくなっちゃうくらいだ。

だけど多分それは間違い。

テレビで専門家に質問しながら喋ってる人たちは、
自分たちもよく分からなくて、本気で怖がってるんじゃないのかな。

数字ばかりが繰り返し出てくるけれども、
その意味、本当に分かって言ってんのかな、と感じることもある。
だって、単位を間違ってることもあるし。

でも専門家たちはそんなに怖がっちゃいない様子だ。
別に、他人事だから冷静でいられる、ってわけじゃないんだ。

あの番組構成で、
スタジオに漂う「恐怖感」以外のものが正しくみんなに伝わってんのかなぁ?
とっても疑わしいよ。


正直に言えば、今回の事故では俺も不安を感じてる。

俺が不安に思ってるのは、放射線量の数値の方じゃなくて、
この国のリーダーたち、電力会社の上役、マスコミの上層部が、
この事態を正確に把握できてないんじゃないかなぁ、と
思えてしまうところだ。

もう少しうまくまとめて伝えようよ?と思う。

==================================================


放射能って言葉は、みんな、間違って使ってる。

放射能という、謎の怖い物質があるわけじゃない。

本当のところは「放射-能力」を略して「放射能」なんだ。

「この物質には放射能がある」という使い方をするのが本当。
これは「この物質には放射線を出す能力がありますよ」という意味だ。

よく分からない?

今度から、「放射能」って言葉を聞いたら、
そっくりそのまま「放射線を出す性質」って言葉に置き換えてみよう。
それでおかしかったら、その使い方はきっと間違ってる。


例えば「放射能が来る!」って言われたら、
「放射線を出す性質が来る!」って感じに置き換わるだろ?
うん、変だ。 この使い方は間違ってる。

だから俺はここまで「放射能」って言葉を一度も使ってないだろ?

恐れる相手は放射能じゃない。 放射線だ。

放射線は正体が分かっている。

アルファ線と、ベータ線と、ガンマ線があるんだったね。

その性質を知れば、むやみに恐れなくてもいいんだ。
だけど、時には逃げることも必要だよ。

今回は人体への影響を話す予定だったけど、
もう少し待ってほしい。
今、色々と細かい部分を調べている。
間違ったことを書くのはなるべく減らしたいから。

それに今日は色々余計なことを話しすぎた。

(つづく)

« 放射線の易しい説明(その2) | トップページ | 放射線の易しい説明(その4) »

基礎の解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512349/51241962

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線の易しい説明(その3):

« 放射線の易しい説明(その2) | トップページ | 放射線の易しい説明(その4) »