« 放射線の易しい説明(その3) | トップページ | 放射線の易しい説明(その5) »

2011年3月31日 (木)

放射線の易しい説明(その4)

(友人に宛てて軽い気持ちで書いてみたものです。 正直、軽くなくなってきたけど。)

以前は俺も、「みんな放射能について心配しすぎだよ」という意見だったんだけど、
今となっては無条件に安全だとは言えなくなってしまった。

その境目を説明するのはなかなか面倒だ。
実際のところ、危険と安全の境目なんかないからね。

================================================

まず、放射線というのは、
原子炉から直接飛んでくるわけじゃない。

放射線の種類によるけど、
アルファ線なら空気中で10センチくらいで減速しちゃう。
エネルギーによっては1センチも飛ばずに止まる。
紙一枚で防げる。

ベータ線の正体は高速の電子だと前に話した。
軽いからアルファ線よりは遠くまで飛ぶ。
それでも空気中では数十メートルくらい。
アルミ板一枚で防げる。

ガンマ線は、・・・残念ながら空気中ではほとんど止まらんな。
光の一種だから。
X線が物体を透過するみたいに、
ガンマ線も物体を簡単に通り抜けてしまう。
防ぐには10センチくらいの鉛の板くらい用意しないと。

================================================

でも防ごうとするよりも、
なるべく遠くへ離れた方がいいんだ。

光が広がるのと同じように、
離れるほど影響力は急激に薄まるから。

発生源から離れるほど影響は少なくて済む。

================================================

ただ、今回の事故の場合、
放射線を出す物質そのものが漏れてるから、
こっちまで漂ってきて、そこいらで放射線を出すんだよね。
こんなのよけられないよ。

まわりじゅうの空気が、土が、放射線の源だってわけ。

でも、一発でも受けたらオシマイってわけじゃないから落ち着いて。

というか、今だって、いや、昔から、1秒ごとに何発も体に受けてるから。
そうだなぁ、イメージとしては、小雨に当たるみたいに。

今ネットで軽く調べてみたらもっと多かったわ。
自然の状態で、一日に10億発以上だってさ。

そんなに多かったかしら?
あとで計算し直してみないとな。
知識とイメージが一致してない悪い例やね。
反省せねば。
俺の認識もその程度だってことよ。

・・・。

ははあん、体内のカリウムの一部が放射線の源なんだねぇ。
それだけでも1秒ごとに全身に3000発だって。

================================================

トラックが真っ黒な煙を吐いて行くことがある。
あれを吸ったら絶対に健康に悪そうだと思うけれども、
空気に混じって広がって、薄まってやがて見えなくなる。

あれは消えてなくなったわけじゃない。

原子炉から出た物質も、薄く広がって、
やがて気にならないくらいになる。
広がれば広がるほど。

残念ながら発電所の近くでは
もう避難しなくてはならないレベルになってしまっているけれども。

避難指示の出ている範囲の外側ではまだ大丈夫。
普段とほとんど変わらない。

いや、ほんのちょっと多い。
ちょっと待てよ・・・。
ふむ、明らかに分かるほど多いな。

大丈夫かしら? どう解釈したらいいんだ?

ちょっと待っててよ・・・調べてみる。

・・・なるほど。

発がんの危険が出るレベルじゃないな。

普段が 0.1 (マイクロシーベルト毎時)くらいだって。
どうやらそれが、5くらいを超えないように避難をさせられてるみたい。

もし10を超える値を1年続けて浴び続けると、
発がんのリスクが0.5%上がるんだって。

日本人の二人にひとりがガンになるのが現状だから、
50%→50.5 % に上がりますよ、という感じだって。

俺的には問題ないな。

<追記 2011/04/14>
ここの確率の考え方は安易すぎて、
実際に起きるだろうことを正しく表せていないとの指摘がありました。
近いうちにそれをまとめた記事を書くつもりでいます。
<ここまで>

発電所からの飛散が終われば、次第に放射線を出し終わって数値が下がるだろうから、
長期的にはもっと心配ない。

だけど事故はまだ続いてるという認識でいる。
気をつけて見ていかないと。

それと、さっきの
普段から受けてる放射線の数のイメージ、合ってるかどうか、
もう一回計算して確認してみるわ。

(つづく)

« 放射線の易しい説明(その3) | トップページ | 放射線の易しい説明(その5) »

基礎の解説」カテゴリの記事

コメント

高校生にもわかるかつ安心できる
距離の二乗に反比例するという表現を使うレベルで話でください。

次回で友人向けは終わる予定だから、
その次から「距離の二乗に反比例する」って表現が解禁になります。
これだけで友人の多くが脱落するもんで、苦労しました。

掲示板でよくお世話になってます。
>50%→50.5 % に上がりますよ、という感じだって。
>俺的には問題ないな。
 自分的には、大いに問題ありです。
癌といっても、治療困難な白血病みたいなものもありますから、このようなものはつまり治療不能(困難)で実質死亡と同等と考えられます
あと、それに関連して余命という観点が抜けています。被曝が乳幼児や児童の場合の寿命への影響度は、考慮されていません(チェルノブイリ事故に関してロシアの平均寿命変化を見たとき唸りました)。
母数を、1億人とすると0.5%は5万人ですね。命の重さを考えるなら、大いに問題あります。
(がん保険の保険金の掛け金計算でつかうならよいですけど、人の命の重さを考慮しない考えには反対します。官僚などの指導者層がこのような人命軽視の考え方をするなら、非常に危険です。)

すいません。
>0.5%は5万人ですね
50万人の間違いです。

違う観点からのご意見、ありがとうございます。
確かに・・・。
がん患者が50万人増える、と聞くとショックが大きいですね。
今回の場合、日本全国ではないので、福島県の人口200万人で計算しても1万人。
それでもショックを受ける数字です。
私自身ががんで死ぬかどうかをサイコロで決める分には、それくらいの確率変動は気にしない、という意味で書きました。
余命については前から気にかかっていたのでまた調べてみます。

>私自身ががんで死ぬかどうかをサイコロで決める分には、それくらいの確率変動は気にしない、という意味で書きました。
 それは、わかっています。自己判断できる大人と自己判断能力が無い胎児や乳児とが同じ評価尺度で済まされている現状を危惧したので敢えてコメントを致しました。
癌リスクの評価
 ttp://llrc.org/fukushima/fukushimariskcalc.pdf
だと、
ICRPモデル 2838人
ECRR Tondelモデル 103,329人
と評価されてます。

『低線量被ばくの人体への影響について:近藤誠・慶応大』http://smc-japan.org/?p=1627 という記事を見つけました。それによると、50%と0.5%を足すのは、少し問題があるようです
引用「ここでは、2人に1人ががんになるというのは発がんの確率ですから、ここに、危険率(がんで死ぬリスク)の0.5 %をプラスしているのは、発がんリスクとがん死亡のリスクを混同していると考えられます。」

T_NAKAさん、
教えていただいた記事を確認しました。
ありがとうございます。
その前から安易な説明をし過ぎたと考えていたところです。

放ったらかしでは無責任に思えるので、
記事中に注釈を入れて、近々反省の記事を書こうと思います。

>官僚などの指導者層がこのような人命軽視の考え方をするなら、非常に危険です。
残念ながら危惧していたような展開になっています。

"政府の原子力災害対策本部は19日、福島県内の学校の安全基準について、大気中の放射線量が年間20ミリシーベルトを下回るとみられる場合は、通常通りの校舎や校庭の利用を認める暫定方針を決定したと発表した。
 年20ミリシーベルト以上となる恐れがあるのは福島市などの13校・園(児童・生徒・園児計3560人)で、文部科学省と厚生労働省は福島県教育委員会などに対し、これらの学校については屋外活動を制限するよう通知した。
 記者会見で鈴木寛文科副大臣は「100ミリシーベルト未満では、がんなどのリスク増加は認められない」と述べた。"

近藤誠氏による相対過剰死亡数の計算によると、福島市の20mSv以上被曝量(100mSv以下)の学童数は、3560人なので、最低0.6%、即ち下限の見積もりで21人が余計に死亡する計算になる。
 鈴木寛文科副大臣の声明は、近藤誠氏の知見を無視し福島市の児童21人程度の命なら切り捨てるという立場を意思表明したものである。
 このような政府当局の基準に対して、当然ながら市民団体が反発し、以下のような行動がされている模様。

"3団体の呼びかけで21日、文部科学省が児童の放射線許容量を年間20ミリシーベルトとする安全基準を出したことに関して、その数値を撤回­するよう交渉を行った。
文部省の担当者に対して、主催者側から「20ミリシーベルト­が放射線管理区域よりはるかに上回るレベルであることを理解しているか」との質問に対し、「個人的に、放射線管理区域は存じていない」と回答。管理区域の線量レベルが年間­5ミリシーベルトであり、労働基準法上18歳以下が働いてはいけないことになっていることや、20ミリシーベルトは原発労働者が白血病になった際、労災認定されるレベルで­あることなどを知らなかったことから、会場からは「そんなことを知らずに決めていたのか」との声があがり騒然とした。" 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512349/51259716

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線の易しい説明(その4):

« 放射線の易しい説明(その3) | トップページ | 放射線の易しい説明(その5) »