« 放射線の易しい説明(その4) | トップページ | ベクレルとシーベルト »

2011年4月 2日 (土)

放射線の易しい説明(その5)

(友人に宛てて軽い気持ちで書いてみたものです。 これで最後になります。)

今回で最後にしよう。
他にも話し足りないと思ってることは色々とあるけれど、
そんなに詳しく知りたかったわけでもないでしょう?

今回は、アルファ線と、ベータ線と、ガンマ線と、
それぞれが、体にどんな影響を与えるかを説明しますわ。

==========================================================

人間の体も、色んな化学物質で出来ていて、
要するに、いろんな原子が結び合って出来ている。

簡単にいえば、放射線はこの結び付きを切るんですわ。
人間にとって一番困るのは、細胞の中のDNAの鎖をちょん切られること。
細胞はDNAの情報を読みだして色んな制御をしているからね。

でも人間の細胞には、壊れたDNAを修復する機能が備わっている。

一体、DNAが一日にどれくらい壊れるか、知ってる?
これを知ったとき、自分も驚いた。
50万回だって。
体全体で、じゃないよ。
一つの細胞の中だけで、一日にそれくらい。

人間の細胞って60兆個もあるんだよ。
全体で、どんだけ壊れてんだよ、ってーの。

それをいつも修復してくれてる。

人間は、普通の状態でも、1秒間に数千もの放射線に貫かれているんだ。

前回の、小雨のようなイメージは完全に俺の間違いだった。
一日に約10億回も撃たれてるってのが正しいみたい。
これだと一秒で1万くらいになるから、数千って言ってもほとんど同じだろ?

それを治す力が、人間の細胞にはあるんだ。

もしDNAが壊れすぎて制御できなくなったら、
細胞は他に迷惑が掛からないように自動的に壊れる機能も持ってる。
壊れた細胞を攻撃して破壊する機能も持ってる。
すごいよね。

==========================================================

前回までの話で、ガンマ線の貫通力が一番強いので、
ガンマ線が一番恐いと思ってるかも知れないね。

でも、人間のDNAにとって一番破壊力の強いのは、
紙一枚で防げるアルファ線だ。

アルファ線は、電気を持っている重いつぶだ。
重いから、ゆっくりだ。
ゆっくりと言っても弾丸よりも遥かに速いんだけど。

原子は電気の力で互いに繋がっている。

そこを電気を持った粒子がゆっくり進むものだから、
めちゃくちゃに蹴散らしていく。
それで、エネルギーを使い果たしてすぐ止まる。
紙一枚で防げるのはそういうこと。

これが体に当たれば、細胞の中のDNAを蹴散らしていくわけだ。
でも、そんなに心配しないで。
いつも、そうだな、今だって起きていること。
それに数ミクロンだけ進んで止まる。

それは細胞、たった数個分の距離だ。
なぁんだ。
奥には入って行かないのかー。 安心安心。

いや、逆だ。
もし大量に浴びれば、表面の細胞ばかりが集中的にやられるということでもある。
しかし外側ならそれほどでもないだろう。

もし大量に体の中に取り入れてしまえば、その部分が確実にやられるのである。

==========================================================

ベータ線も電気を持っているけれども、アルファ線より遥かに軽い。

あまり影響を与えないまま、体の中を数ミリ進む。
範囲はアルファ線より広いけど、影響はその分、分散するというわけ。

==========================================================

ガンマ線は・・・
全部のエネルギーを使わずに、体を通り抜けて出て行ってしまう。

体を貫通すると聞くと恐いかも知れないけれど、
穴を開けて出て行くというわけでもない。
体にほとんど触らずに・・・時々触って出て行くというイメージ。

==========================================================

今のところ、政府が指導している範囲の避難で十分だけれども、
もし、万が一、何か信じられないことが起こって、
避難範囲が広がることがあったとしたら・・・。

自分の住んでいる地域がそれに含まれたとしたら、
その時に気をつけるべきこと。

放射性物質をなるべく体の中に取り入れないことだな。
外で大きく息を吸わないこと。
マスクで口や鼻を覆うこと。

飲み込んだりしちゃいけない。
体の内部に入った物質から放射線が出ることになるわけだから。
特にアルファ線は確実に内部から体を痛めつけることになる。

体の外に付いた放射性物質については、あまり怖がらなくていい。
普通に水と石鹸で洗えば落ちるから。
特別な薬は要らない。

でもちょっとは怖がらないとな。
体の表面に付けたままにしておくと、指にもついたりして、
その指をなめたり、食器やタオルについたりして、
それをなめたりしたら、やっぱり体の中に入るだろ?

だから、帰ったらすぐに洗うこと。
普通に風呂で洗い流せばいいと思うよ。

放射性物質がついたな、と思う服は、家の中に入れない方がいい。

多分、こういうのは必要にならない知識だと思うけれど、
いざという時に、役に立つかも知れない。

単純だろ?

==========================================================

放射線の正体なんてこんなものだからさ、
避難区域に住んでた人を差別するなんて、ほんと、バカげてるんだよ。

何か他に気になることがあったら質問して。

とりあえず、基礎知識としてはこれで終わり。
読んでくれてありがとう。

« 放射線の易しい説明(その4) | トップページ | ベクレルとシーベルト »

基礎の解説」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。前回の記事で放射線について「一発」という表現がありますが、アルファ粒子、電子、光子それぞれの「一つ」と理解してよろしいでしょうか? また、「一発」とマイクロシーベルトの関係を機会があれば、教えて下さい。お願いします。

やまさん、どうもありがとう。 その通りです。 粒子の種類を分けないで話をするのが科学的でない気がしてしっくりしなかったので、あえて科学用語を避けた表現にすることで自分の気持ちをごまかしてます。
次に何について書くべきか迷ってましたが、リクエスト頂けましたのでシーベルトについて書くことにします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512349/51275939

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線の易しい説明(その5):

« 放射線の易しい説明(その4) | トップページ | ベクレルとシーベルト »